LIFE
もしかしたら身近にいるかも!?“誠実な人”に当てはまる8つの特徴

もしかしたら身近にいるかも!?“誠実な人”に当てはまる8つの特徴

お付き合いをする際、女性でも男性でも「誠実な人」と付き合いたいと思う方が多いのではないでしょうか?

でも、いざ「誠実な人」を探そうとすると案外思い当たらず難しいもの。そもそも「誠実な人」とはどんな人なのか?もしかしたら身近にいるかもしれない「誠実な人」の8つの特徴を紹介していきます。

誠実とは嘘をつかず、真心を持って人と接することです。自分の欲ばかり押し付けるのではなく、相手を思い行動する真っすぐな振舞うことを意味しています。

01.

自分にも他人にも嘘をつかない

‟ 嘘をつく ”というと他人に嘘をつき騙すことを想像しますが、ここでは他人だけでなく自分にも‟ 嘘をつかない ”ことが大切です。自分の心を偽らず真正面から自分と向き合い、辛い時も悲しい時も素直な感情を受け止めることが出来ます。

02.

仕事も人との関係も真面目に接する

誠実な人は、仕事面だけでなく人との関りにおいても基本的に真面目です。

しかし、真面目と言っても堅苦しく「じっと見つめてくる」ようなイメージではなく、相手を尊重し丁寧な対応をします。普段の丁寧な振舞いから友人に信頼され、相談を受けることもしばしばあります。誠実な人の交友関係は「親しき中にも礼儀あり」という言葉が似合いますね。

03.

自分の信じたことのために努力する

人はついつい楽をして手を抜いたり、だらけてしまったり自分を甘やかしたくなるものです。(ダイエットをしようと決意しても、翌日にはドーナッツに手が伸びてたり…。)しかし、誠実な人は一度決めたことは最後までやりきる己の信念の強さを持っています。自分が目標に掲げたことをやりきるようにコツコツと努力し成し遂げることが出来ます。

めんどくさがったり、誰も見ていないからと手を抜くようなことはなく、他人が見ていなくとも自分が見ていると己を監視し自分を裏切るような事はしません。一度自分が信じ決めたことは最後までやり抜く、己の理想に向かって努力する姿は誰が見てもカッコいいですよね。

04.

相手の立場に立って考えることが出来る

誠実な人は自分の欲や利益だけのために考えず、相手の立場に立って考えることの出来る優しさと視野の広さを持っています。相手の立場になって考えられるから、信頼され相談相手として選ばれるのでしょう。

これはアメリカの友人の話ですが、

『アメリカでは、selfish (わがまま,自分勝手) な人は嫌われる』そうです。個人的に自由な国アメリカだから我が強い人が多いのではと思いきや、そんなことはないそうです。

アメリカでも日本でも、社会で協調して生きていくためには相手の立場に立って考えられることが大切ですね。

05.

どんな人にも平等に手を差し伸べる

分け隔てなく困っている人に手を差し伸べられることが出来ます。

自分の知らない人だからと素っ気ない態度で見て見ぬふりはしません。たとえ自分が忙しくたも、手を差し伸べられる優しい人が多いです。

06.

絶対に悪口を言わない

悪口や陰口を言い、誰かを見下すような発言は決してしません。自分の悪口ではなくても、悪口や陰口を言う人からは距離を置いている人が多いです。また巻き込まれそうな状況になっても、一緒に人の悪口を言うことはありません。

悪口だけでなく、周囲の人に流されて悪いことはしないのも誠実な人の特徴です。自分の信念を貫く強さを持っています。

07.

正義感が強い

誠実な人は些細な事でもルールや約束を破ったりせず、きちんと規則を守ろうとします。間違ったことを正し、間違ったまま放置することはしません。もし悪いことに手を染めようとしている人がいたら、声をかけて穏やかに止めるでしょう。相手を正すために声をかける、そんな勇気を持っています。

08.

誰とでも仲良しでいつも笑顔

男女ともに誰とでも仲が良く、友人や恋人、家族など周囲の人を大切にします。自分以外も大切にできる人は、自然と人が集まってきます。周囲の人を大切にすると自分の生活に幸福を感じ笑顔になります。誠実な人は上記で挙げたように、他人の悪口を言わないため周囲の人は不快にならず人柄の良さに気づき信頼してくれます。

もし自分が困ったときには、周囲の人が手を差し伸べてくれてピンチから抜け出すこともできます。日頃の振る舞いが、自分の交友関係を形作ることがわかります。

コメントを残す