‟コスメ専用冷蔵庫”をオススメする5つの理由

‟コスメ専用冷蔵庫”は、今年日本に初上陸し一時期SNSで話題となっていました。大切な化粧品の質を保ち、なおかつ見た目が可愛いため美意識の高い女性に人気の美容アイテムです。

「でも、化粧品を大切に保管するなら食用の冷蔵庫でも良いのでは?」

「あえて化粧品のために買う必要があるの?」

そう疑問に思う方もいらっしゃると思います。そこで今回は、‟コスメ専用冷蔵庫”をオススメする5つの理由をご紹介します。

食用の冷蔵庫との、大きな違いは庫内の温度です。化粧品の保管に推奨される温度は10℃ですが、食用の冷蔵庫(冷蔵室)の温度は約3-6℃です。そのため、食用の冷蔵庫は保管場所としては少し冷たいです。

コスメ専用冷蔵庫は、化粧品の最適温度10℃を保てるだけでなく四季により温度差のある日本でも、最適な環境を維持することが出来ます。30℃を超える夏に固形の口紅が溶けることも、冬に化粧水などの液体が結晶化することも、温度により香水の香りが変わってしまうこともありません。

02.

低湿状態を維持できる

日本は特に湿度が高い国です。実は温度だけでなく湿度の高さも、化粧品を傷つける大敵なんです。コスメ専用冷蔵庫は、ファンが付いており庫内の水分を蒸発させ空気を循環させています。そのため、体質状態を保つことが出来ます。

コスメ専用冷蔵庫は、化粧品の最適温度10℃を保てるだけでなく四季により温度差のある日本でも、最適な環境を維持することが出来ます。30℃を超える夏に固形の口紅が溶けることも、冬に化粧水などの液体が結晶化することも、温度により香水の香りが変わってしまうこともありません。

03.

直射日光から防げる

無添加化粧品やネイルは熱や日光で変色してしまったり、質が劣化してしまうことがあります。

いざ、使おうと思ったら変色していたり固まっていたりしたら悲しいですよね。一度しか使ったことがなかったのに、捨ててしまうことになるのは勿体ないです。そうならないよう防げるのが、コスメ専用冷蔵庫の良いところです。

04.

収納性がいい

バラバラにしてしまいがちな化粧品を、最適な環境で保管しつつまとめ収納することができます。

化粧水のボトルや美容パック、引き出しには試供品サイズの美容液、ドアポケットには口紅やマスカラなど様々なアイテムを収納できるよう工夫されています。

05.

軽量でコンパクト

収納しやすいだけでなく、軽量でコンパクトなのもポイントです。

ドレッサーの上に置いても家内の空きスペースに置いても、見た目がコンパクトで可愛いため部屋に違和感を与えません。また軽量なので旅行の際に化粧品を選別せず、そのまま持っていくこともできます。準備に時間がかかる旅行前に、化粧品の選別をする時間が必要がないため余裕を持って旅行の準備を進められます。

コメントを残す